オンラインカジノは違法?はじめる前に確認しておこう!

オンラインカジノは違法?はじめる前に知っておきたいこと

オンラインカジノといえば、実際にお金をかけてカジノをプレイします。
そのため、賭博行為として日本の法律にひっかかるのでがないかと心配するのも当たり前かもしれません。

実際、2016年には日本でもオンラインカジノプレイヤー、そして国内運営をおこなった運営者などの逮捕事件が続発し、不安はより一層深まることに…。

しかし海外では、オンラインカジノを合法とする国も多くあります。
日本でも現在カジノ法案の可決により、カジノに対する見方が変わってきていることに間違いはありません。

2016年に起きた逮捕事件の全容を把握することで、今後どのようにプレイしていけば「グレーゾーン」内で自由にオンラインカジノを楽しめるかが見えてきます。

まずは、海外で合法と認められたオンラインカジノを日本でネットを介してプレイするという行為が、
日本の法律ではどのような取扱いになっているのか、確認していきましょう。

オンラインカジノは違法?

オンラインカジノは日本で違法?

オンラインカジノが海外でどのように取り扱われているか・・・ですが、
実は海外でオンラインカジノは、ポピュラーなギャンブルとして国として受け入れられているパターンが多くあります。

もちろん日本のように、自国内での運営を違法としている国もありますが、ここではオンラインカジノを合法として取り扱う国がどのようにオンラインカジノの運営を認めているか見ていきます。

オンラインカジノはライセンスがあれば違法営業にはならない!

オンラインカジノを合法的に運営するには、オンラインカジノを合法とする国で発行されている運営許可証(ライセンス)を得る必要があります。
つまり、オンラインカジノが合法とされている海外で運営を行うこと自体には、なんら違法性はないのです。
現在のところ、日本人が海外で合法的に運営されているカジノで遊ぶことも、オンラインカジノを取り締まる法律そのものが確立していないため、可能な状況です。
ただし、ライセンスを所得していない違法なオンラインカジノで遊ぶことは、プレイヤー側も法律に触れることになります。
必ずライセンスを取得したオンラインカジノでプレイするようにしましょう。

日本でオンラインカジノが違法として取り締まられた事件があった!

日本で賭博行為や運営は違法!オンラインカジノは?
日本人でもルールを守ればオンラインカジノのプレイは可能であるとお話ししたばかりなので恐縮ですが…
ここでは、2016年に実際に起きたオンラインカジノプレイヤーの逮捕や、オンラインカジノ(賭博行為)で使用する決済サービスの提供、または運営を行ったとして逮捕者がでた事件についても見ていきます。

たくさんあるオンラインカジノの中からより安全にプレイできるものを選ぶ基準としても、どのような状況がオンラインカジノにおける違法性のボーダーラインを越えてしまうことになるのか、頭に入れておくことは大切です。ぜひ、抑えておきましょう。

違法にオンラインカジノの決済サービスを行った疑いで逮捕!NetBanQ事件┃2016/2

オンラインカジノではプレイする際に、$や€チップが必要となります。

NetBanQ事件では、オンラインカジノが利用できる決済サービスを国内で運営し、客に賭博をさせたとして、運営者が逮捕されました。

この事件では運営側の逮捕のみが大きく報道されていましたが、実際にはオンラインカジノのためにNetBanQを利用した日本人プレイヤーの家にも家宅捜査が入っています。
書類送検されたプレイヤーの多くは、「単純賭博罪」として『略式起訴』10万円~20万円の罰金刑となったそうです。

海外のオンラインカジノでも日本国内運営と見なされプレイヤー逮捕!スマートライブ事件┃2016/3

スマートライブ事件では、海外のオンラインカジノでありながら、日本人プレイヤーが逮捕されたとしてこれまでの「違法と合法の間のグレーゾーン」といった定説を覆す事件として注目が集まりました。

なぜ海外で運営されているオンラインカジノだったにも関わらず逮捕者が出たのかと言うと、今回の事件では、スマートライブカジノで開催された「ライブカジノ」を仕切るディーラーが日本人であったこと、そして日本時間で夕方から深夜にかけて開かれていたことがキッカケだったようです。

実際そこに参加したプレイヤーたちは、チャットを通して日本語で円滑にコミュニケーションをとっており、このカジノが「日本で運営されている」と見なせると警察は判断し、違法オンラインカジノとして摘発したようです。

また、この事件では、アカウントやチャットの内容からプレイヤーたちを特定したものとみられています。
2月に起きたNetBanQ事件同様、スマートライブカジノのプレイヤーたちは単純賭博罪で、罰金刑と課せられました。

その他、その年の6月には国内で違法オンラインカジノを運営したとして、ドリームカジノの運営者が逮捕されるといった事件も起こっています。

結論┃グレーゾーンの境界線を守れば、オンラインカジノは日本でも楽しめる!

現在、日本の賭博行為に関する法律に基づいて結論を述べると、逮捕事件はありながらもやはり、違法と合法の間「グレーゾーン」さえ守れば、オンラインカジノはプレイできると考えれます。

今後、オンラインカジノを裁くための法律が誕生すればその状況は変わってきますが、現在は「国内で賭博を違法とされている日本人が、カジノを合法として認める国(ラスベガスなど)でプレイするようなもの」です。

十分に注意すれば、日本でもオンラインカジノを満喫することが可能です。
グレーゾーンと呼ばれるオンラインカジノの違法性に関するボーダーラインを超えない程度に、しっかり楽しんでくださいね♪

★日本語対応で安心して遊べるオンラインカジノはこちらで紹介中!
⇒【日本語サポートあり!安心して楽しめるおすすめオンラインカジノ!】

Related posts